02 TDC年鑑 一般部門賞:ラルフ・シュライフォーゲル
2002 TDC賞

ポスター「CINEMAFRICA」

「Cinemafrica」はチューリッヒで年に2回開催されるアフリカのフィルム・フェスティバルで、このポスターは私がこのフェスティバルのためにデザインした6作目になる。出発点は黒と白の印刷色を使ったシマウマ模様だった。その後は黒と白を順番を違えて使い、黒の上に印刷するときに白の透明度を色々と変えて印刷するというコンセプトに発展していった(唯一の例外は白の代わりにシルバーを使った97年)。今回のように印刷に茶色の紙を使用したのは3回目。変化のポイントはパターン。
ポスターの印刷はアルビン・ウルドリーによる。シルクスクリーン、90.5 x 128 cm


Ralph SCHRAIVOGEL

1960年スイスのルツェルン出身。1982年にチューリッヒ・デザイン学校を卒業。卒業以来、独立したグラフィック・デザイナーとして、主に現地の文化機関の仕事を手掛ける。チューリッヒ・デザイン美術館、チューリッヒ・レパートリー・シネマ「Film Podium」、そしてアフリカ・フィルム・フェスティバル「Cinemafrica」などとの仕事が多い。1992年から2001年までチューリッヒ・デザイン学校で教鞭をとり、ベルリンのHdk 「Hochschule der Kunste」の客員教授も務める。