特別賞:チャオ・シウロン
2008 TDC賞

Poster
Place-ACT2: Exhibition of Macao Contemporary Art

新しいことを創造するのは苦痛と快感が衝突するプロセスだと思います。というのは、過去から積んできた経験を否定しなければならないからです。通常に使われている論理的な思考方式と審美的な判断を否定するのです。自我を否定しながら改めて新しい自我を組み立てるプロセスの中で、美しく新しく独特な物事を発見することができます。
このポスターを作るときに、できるだけ、より多くの新鮮味とオリジナリティを見せたいと思って、過去慣用の思考方式と熟知の視覚要素を捨ててみました。この冒険的でチャレンジ性のある創造プロセスがあるからこそ、私はデザイン設計に対する熱情を持ち続ける保持することができます。
このたび、東京TDCの賞賛を得たことを非常に光栄に思っております。


チャオ・シウロン

1978年中国生まれ。2003年 マカオ工科大学 グラフィックコミュニケーション学科卒業。現在、マカオ芸術博物館にてグラフィックデザイナーとして勤務。彼の仕事は中国、マカオ、香港、日本、韓国、イラン、チェコ、ウクライナやフィンランドで作品が紹介される展覧されている