92 TDC年鑑 一般部門銀賞:タカオカシゲユキ

English

1992 TDC賞



 

 

 

自主制作タイプフェイス作品

人間を含め生命から出る形は、全てがデザインだ。点在する形を僕らは自由に扱い、よりコミュニケーションできるように模索する。そこからオリジナルの誕生があればいい。@ミニマリズム的で独特な日本語を、単に文字として読み取る媒体ではなく、価値観を精神的な部分から再構築した。西洋を石、東洋を木の文化として捕らえ、それぞれのマテリアルを延長線上で思考する事は、文化の消費というのではなく再生への過程として意味付けしている。A三次元(立体)のヴィジュアル化を試みた。今後のヴィジュアル表現の幅を拡大させるためだ。文字に対する挑戦、今後あらゆるヴィジョンで、実験、模索、展開していかなければならない。これは、新しいタイポグラフィを予期させるスタートでもある。



Shigeyuki Takaoka
'69埼玉県に生まれる。'91多摩美術大学入学。主な受賞歴:ぴあ'92CSK学園祭あとおしあとおし大賞特別賞、トーキョーアーバナートコンペティション入選、日経アドレキャンパスプロデューサー大賞奨励賞、アンフィニミュージアム優秀賞、FROM A THE ART コンペティション奨励賞など。