97-98 TDC年鑑 一般部門銅賞:Melchior Imboden

English

1997-98 TDC賞



Art Museum Lucerneポスター
「Imi Knoebel, Art Exhibition, Art Museum Lucerne」

Imi Knoebel展覧会の準備の最中、私はルツェルン美術館の館長からKnoebelの最新作「DAY AND NIGHT & COLORFUL」のためのポスターを依頼された。とても嬉しかった。そして彼の作品を研究するほどに、その魅力に引き込まれていった。興味深いのは、非常に多くの色をあれほどまでに実験的な手法で使っていること、また塗装されたアルミ片をつなぎ合わせ、数々のイメージをあらゆる大きさ、スケール、寸法に彼が作り上げていることだ。使わなかった色はないのではと言ってもいいくらい。最近の作品ではさらに多くの色を使うようになっているが、それでも彼にとっては不十分だろう。色という側面は、彼の絵画や芸術の解釈の全領域に対する深い理解のために不可欠なものなのである。私は彼の作品に慣れ親しんだ後、違った色のスペクトルのフィールドをタイプ文字でつなげるという試みをしてみた。色、線フィールド、そしてタイポグラフィを組み合わせることで、どれぼど素晴らしく、魅力的な作品を作り上げることができるものなのか、私はこの芸術家に教えてもらった。



Melchior Imboden
1956年スイスのスタンスに生まれる。ルツェルンアートスクールにてグラフィックデザインを学んだ後、92年自らのスタジオを設立。展覧会や文化機関のためのポスター、ブック、カタログのデザインを主な活動としている。エッセン、ショーモン、ブルノ、ワルシャワ、富山、大垣、トゥルナバ、コロラド、ヘルシンキ、ラハティ、モスクワなど数多くの国際展に参加。パーマネントコレクションとなった作品も数多い。94年第16回ブルノ国際グラフィックビエンナーレ金賞、95年第11回ヘルシンキ国際ポスタービエンナーレ特別賞、96年第15回ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ銀メダル、96年モスクワGolden Bee 3における世界ポスター受賞者コンペティションIBCC賞第一位など受賞歴多数。