小林 章 Kobayashi, Akira
欧文書体設計家。写研、字游工房、タイプバンクを経て1997年にフリーランスの欧文書体設計家として独立し、世界の大手企業から欧文書体を発表。本文部門を中心に受賞多数。
現在ライノタイプ社タイプディレクターとしてドイツに在住。書体デザインの制作指揮と品質検査、新書 体の企画立案など。ヘルマン・ツァップ氏やアドリアン・フル ティガー氏など書体デザイン界の巨匠と組んで名作書体を改刻など手がける。
著書に『欧文書体―その背景と使い方』(美術出版社)。『デザインの現場』で「フォント演出入門」連載中。


高岡昌生 Takaoka, Masao
欧文活版印刷「嘉瑞工房」代表取締役。武蔵野美術大学特別講師。ライノタイプ社 日本・極東地域顧問。英国王立芸術協会フェロー。


植原亮輔 Uehara, Ryosuke
株式会社ドラフトにおいて多数のクライアントの仕事で活躍。また同社のD-BROSプロジェクトでは商品の企画、デザインを手掛ける。


澁谷克彦 Shibuya, Katsuhiko
資生堂の宣伝制作部にて、同社の化粧品、企業広告の多数のアートディレクションを行う。またアユーラのCIなどを手掛けている。


岡室 健 Okamuro, Ken
1978年生まれ。2006年博報堂入社、HAKUHODO DESIGN勤務。2007年 東京TDC賞準グランプリ、ADC賞受賞。
メッセージ:「意味と感覚の狭間でどのような順路をたどって文字デザインの決定がされるのかにとても興味があります。」


土屋絵里子 Tsuchiya, Eriko
1984年生まれ。2007年サン・アド入社、制作本部デザイン部勤務。
メッセージ:「美しい文字の発する気配のようなものがいったい何処から生まれるのか、間近で見させていただけることを大変うれしく思います。」


三浦 遊 Miura, Yu
1980生まれ。2006年株式会社資生堂入社、宣伝制作部勤務。
メッセージ:「普段デザインする中で欧文書体に対しては疑問がたくさんあります。世界へ向けてメッセージを発信していく上で、アルファベットの造形理解を深めていきたい。そんな気持ちで今回のセミナーに参加させていただきます。よろしくお願いします。」


戻る